20代OLのお金とキャリア

20代OLのお金とキャリア

IT企業勤務の20代OLのお金とキャリアの考え方

MENU

第二新卒の転職でビズリーチが向いている人とは?<第二新卒転職経験者が徹底解説>

第2新卒の転職でビズリーチは有効なのか?

こんにちは。じゅんです。

社会人4年目で2度転職をし、3社経験しています。

20代前半で2回の転職をしているので、周りの人よりも転職経験が無駄に豊富です。(笑)

そして、人材業界出身ということもあり、転職の知識も人より多め。

 

新卒で入社した会社を1年未満で退職し、第2新卒の転職も経験している私が、ビズリーチを使うのに向いている人について徹底解説していきます!

 

第二新卒の転職でビズリーチって有効?

ハイキャリア狙いたいけどどこがオススメ?

 

そんな疑問を解決できるかなと思います。

是非参考にしてみてください♪ 

第二新卒でもビズリーチは登録できる

ビズリーチはハイキャリア転職に向く転職サービスサイト。

年収500万円以上じゃないと登録できない、というような噂がありますが、基本誰でも登録できます。

私自身、1社目の転職の際にも登録できました。

そもそもビズリーチとは?

ビズリーチとは、

自身の職務経歴書や履歴書を登録をすると、

ヘッドハンター(転職エージェント)や、企業からスカウトをもらえる転職サービスサイト。

転職といえば、

転職エージェントに転職支援をしてもらうか、自己で直接企業に応募するか、が王道ですが、

ビズリーチのような転職サービスサイトを使うことで、自身のレジュメを見た企業から直接、面接確約のスカウトをもらえたりするので、転職活動が効率よく進められるというメリットがあります。

 

スカウトの種類として、2種類。

  • プラチナスカウト

 これは企業が1通送るのに、なんと5,000円かかるというプレミアなスカウト!!(エージェントをやっている友人から教えてもらいました。衝撃です。笑)

 このスカウトを転職エージェントや企業からもらえるということは、レジュメを見た限り魅力的に思ってくれていて、かなり本気度が高いという証拠です。

ビズリーチのプラチナスカウト

  • 通常スカウト

これは企業も転職エージェントも特にお金がかからず送れるスカウト。

ビズリーチ第2新卒の転職にも有効

結論、第2新卒の転職にもビズリーチは有効です。

ただし、転職エージェントや企業からスカウトをもらうには、それ相応のスキルや成果がないと難しいのが現実です。

また、ビズリーチは基本、未経験のポテンシャル採用を目的とした転職エージェントや企業が少ないので、あなたが20代第二新卒で「未経験の業界・職種へチャレンジしたい」ということであれば、あまりマッチしないかも。。

 

そういう方は下の記事の【第2新卒でハイキャリア転職をねらうならこの2つ】という目次の個所を読んでみてください!

1回目の転職時にビズリーチを使ったとき

正直、登録こそしたものの、まったく有効ではありませんでした。(笑)

1社目は1年未満で離職したこともあり、自慢できるようなスキルや成果は出せていなかったこともあり、スカウト自体も殆ど来なかったことを覚えています。(ショック!!)

2回目の転職時にビズリーチを使ったとき

めちゃくちゃプラチナスカウトが来た!!

ある程度営業としての経験を積んで、成果も残せていたこともあり、転職エージェントや企業からスカウトがかなり来ました。

ビズリーチ経由で面接やカジュアル面談をして、個人的には有効に使えたと思います。

結局、3社目の会社は知り合いの転職エージェント経由で決めましたが。( ´艸`)

ビズリーチを使う転職に向く人ってこんな人

自身の1回目の転職時と2回目の転職時を振り返ってみてわかったことは、ビズリーチを使う転職には向き不向きがあるということ。

 

実際に、ビズリーチを使う転職に向く人としては、以下の人たちがあると思います。

  • 高給な仕事に就いている人

 外資金融、総合コンサルの会社にいるなど。

  • 仕事で成果を残している人

 社内でMVPを取っているなど。

  • マネジメント経験がある人

というような、スキル・成果を出せていることが前提。

私の周りの友人でも、ビズリーチでスカウトが多く来る人の共通点は、スキルや成果を出せている人。

あと、多少年齢もきにした方が良いかも。

正直25歳以上で3年近い社会人経験がないと、よほどハイスペックな人材でない限り上手く活用は難しいかもしれません。

第二新卒でハイキャリア転職狙うならこの2つ

キャリトレ

キャリトレは、ビズリーチが運営する20代転職に特化した転職サービスサイトです。

キャリトレの大元がビスリーチということもあり、ビズリーチと取引している企業で、20代の採用も検討している会社は、ビズリーチと一緒にキャリトレも契約していることが多いので、ビズリーチの20代版といったところですかね。 

なので、企業や転職エージェントからスカウトが来ますよ!

 

ビズリーチとの違いは、そこまでのスキルや成果は求められないこと。

日本を代表する大手企業~ベンチャーまで多くの企業が契約しているキャリトレですが、ポテンシャル採用も視野に入れた企業も多いので、「未経験職種・業界に挑戦したい!」という方にはとっても向いています。

また、優良ベンチャーや、スタートアップも多いので、「自分の力を試してみたい!」「ベンチャーで働いてみたい!」という方にも非常にオススメ。

キャリトレの登録はコチラ

 

doda転職エージェント

2つ目は、転職サービスサイトではありませんが、dodaの転職エージェント。

dodaの転職エージェントは、20代の転職に強い転職エージェントです。

常に非公開求人を10万件以上持ち、比較的大手の転職エージェントの中では、優良ベンチャーや、外資系含む大手企業の求人が多く、ハイキャリア転職を狙えるのも特徴。

 

私の友人は、第2新卒の転職の際にdodaの転職エージェント経由で、今やSaaS業界の先駆者的な外資系企業のSalesforceに転職していました。(今もSalesforceと取引があるかは不明ですが、そういった優良企業が多い印象です◎)

doda転職エージェントの登録はコチラ

 

まとめ

第2新卒の転職で企業からスカウトが来るような転職サービスサイトは、転職を効率的に進めるのにも、成功に近づけるためにも非常に有効です。

是非、転職エージェントと転職サービスサイトを上手く使って転職を成功させていきましょう!

 

 

 

初めての第2新卒の転職は失敗。そこから学んだことは?

初めての第2新卒の転職は失敗して学んだこと

こんにちは。

東京のIT企業でOLをしています、じゅんです。

 

私は、新卒で入社した会社を約9ヶ月で早期退職をし、第二新卒の転職を経験しています。

その2年後に再度転職をしていたりと、短期間で転職を繰り返しているので人よりも多く転職を経験している私が、

第二新卒の転職失敗したくない」

「初めての転職で漠然と不安がある」

という方に向けて、私が第二新卒の転職を経験して学んだことをまとめています。

ぜひ参考にしていただければと思います!

 

第二新卒の転職にむけて準備したこと

初めての転職は不安がいっぱいてすよね。

特に、キャリアが浅い第二新卒の転職で上手く行くのか、不安で不安で私自身、第二新卒の転職にまつわるサイトを片っ端から見ていました。

 

そんな中で、準備していたこととして、

面接でよく聞かれる質問などをネットで調べて、それに対して回答をつくったり、履歴書や職歴書の書き方を調べたりしていました。

第2新卒の転職は「新卒時の就活内容」を聞かれたり、経験が短くても「1社目で学んだこと」などを聞かれるとあったので、特に以下の内容を棚卸したり、振り返っていました。

  • 新卒時代の就活振り返り

志望職種や企業の選択軸など、新卒のときの就活時、どういった軸で仕事を探していたのか。

  • 仕事を通して実現したいこと

どういうキャリアを描きたいのか。3年後5年後どうなっていたいのか。

1社目の経験を次の会社でどう活かせるのか。

  • 担当した仕事の棚卸し

短い職務期間でやった仕事の業務内容の整理。

その仕事で何をどうやって工夫したか、工夫してどんな結果がでたか。

  • 転職理由

なぜ今転職するのか。転職が必要なのか。

 

 上記の内容を振り返って、職務経歴書や履歴書を書いて、いざ実際に応募!

初めての転職活動は失敗。1次面接が通過しない。。

実際に求人に応募してみると、しっかり履歴書や職務経歴書は書けていたので、書類選考は通過するものの、1次面接が通らないという事態に。。

 

失敗の原因は、”面接対策不足”と、”転職活動を退職後に始めたこと”。

失敗①面接対策不足

特に、私は面接が苦手なタイプだったので想定質問の回答を作ったりと面接練習をしていたものの、想定外の質問や、癖のある面接官に対して、緊張して上手く話せず面接は散々な結果に。。

失敗②退職後の転職活動

企業にもよりますが、退職後の転職活動は高確率で、「なぜ辞めてから転職活動をしたのですか?」と聞かれます。

 

第2新卒の転職は、早期離職が一番ネックなポイントになりますが、退職してしまっていると、更に”忍耐力がない”というマイナスの印象が入ってしまいやすい。。

(とはいえ、面接が上手く行けばカバーできる点でもあるので、1番重要なのは面接。)

転職エージェントに登録して、面接通過!

なかなか初めての転職で、かつ第2新卒の転職を1人で成功させるのは難しいなと痛感していたそんな時、転職エージェントに複数登録しました。

この転職エージェント に登録して、今まで上手くいかなかった面接が徐々に通過していくようになりました。

 

第2新卒では、スキルよりも特に「転職理由」が大事なんですが

実際、自分の中でしっかり用意していた転職理由についても、エージェントさんから”他責に聞こえるから、こう伝えた方が良いよ”などアドバイスを頂けたりして、どんどん面接対策が進みました!

 

転職エージェントでは、過去に出てきた面接での質問例や、どんな性格の面接官なのかまで教えてくれたり、時には面接ロープレをしてくれたりと、きめ細かくフォローしてくれます。

学びポイント! 複数の転職エージェントに登録して、自分に合った転職エージェントを見つけて使い倒す!(転職エージェントは基本無料で使えるところが殆ど)

そんな私が選ぶ第二新卒向きの転職エージェント3選

女性の転職専門「LiBzCAREER(リブズキャリア)」

第2新卒で女性の転職はリブズキャリア

女性限定になりますが、第二新卒での転職にもしっかり対応してもらえます。
私自身、複数の転職エージェントに登録していましたが、ここは特にフォローが手厚く、職務経歴書の手直しから、過去出た面接質問集など、面接対策もバッチリでした!
登録すると、直接企業からスカウトがきたりするので効率的に転職活動を進められます。
エージェントが女性視点で求人を紹介してくれるのも、嬉しいポイント!
実際に、私もこのエージェント経由で転職成功しています♪

リブズキャリアの公式サイトへ

 

 キャリア設計をサポートしてくれる「ポジウィルキャリア(ゲキサポ)」

第2新卒の転職はポジウィルキャリア

ここは、まだ転職しようか迷っている方や、今後のキャリアに迷っている方にオススメです!
長期的なキャリア形成を一緒に考えてくれたり、親身に寄り添ってくれ、自身のキャリアはもちろん、人生アドバイザー的な位置で支援してもらえます。
 
通常の転職エージェントとは少し異なり、マンツーマンで転職のコーチングを受けられるコンサルティングサービスに近いです。
自分自身の転職軸をトレーナーと整理し、転職市場で評価される履歴書、職務経歴書の指導から、面接対策までしっかり準備できますよ♪
休職中や、ジョブホッパーの方でも、年収150万アップの転職の成功実績ありとのこと!
 
私が第2新卒の転職の時は、ゲキサポのサービスはなかったので使ってはいないですが、Twitterなど口コミを見ても非常に満足度の高いサービスでオススメです!
無料の初回面談を受ける価値が高いと思います!

未経験からプログラマー(エンジニア)に転職可能「GEEK JOB」

第2新卒で未経験でプログラマーへの転職はGEEK JOB

次の会社では安定して稼ぎたい、稼げる仕事に就きたい・・・ と考えている第2新卒の方もいるかと思います。

そこでよく検討に上がるのは、エンジニア職。

私は現在、IT企業で働いるので特に痛感しますが、エンジニアは常に転職市場で必要とされ、かつ、給与も高いです。

 

プログラミングを習得することで、非常に次の転職もしやすいですし、フリーランスとして自分がやりたい仕事だけをやることも将来的には可能になってきます。

ただ、未経験で自己応募で採用されるのは中々難しいのが現実。。

 

そこをしっかり支援してもらえるのが「GEEK JOB」!

ここも、面接のロープレなど対策をしっかり行ってくれる上に、プログラミング学習支援を実施しています。

なので、就業後にも役に立つ働き方を身に着けられますよ♪

まとめ

初めての転職はとっても不安になったりしますよね。

特にキャリアが浅い第2新卒の転職はなおさら。

でも、しっかり情熱をもって面接対策や準備をすれば、第二新卒の転職は職歴1年未満でも意外と成功できます!

その為にも、一生懸命伴走してくれる自分に合った転職エージェントを見つけてくださいね♪