20代OLのお金とキャリア

20代OLのお金とキャリア

IT企業勤務の20代OLのお金とキャリアの考え方

MENU

第二新卒の転職でビズリーチが向いている人とは?<第二新卒転職経験者が徹底解説>

第2新卒の転職でビズリーチは有効なのか?

こんにちは。じゅんです。

社会人4年目で2度転職をし、3社経験しています。

20代前半で2回の転職をしているので、周りの人よりも転職経験が無駄に豊富です。(笑)

そして、人材業界出身ということもあり、転職の知識も人より多め。

 

新卒で入社した会社を1年未満で退職し、第2新卒の転職も経験している私が、ビズリーチを使うのに向いている人について徹底解説していきます!

 

第二新卒の転職でビズリーチって有効?

ハイキャリア狙いたいけどどこがオススメ?

 

そんな疑問を解決できるかなと思います。

是非参考にしてみてください♪ 

第二新卒でもビズリーチは登録できる

ビズリーチはハイキャリア転職に向く転職サービスサイト。

年収500万円以上じゃないと登録できない、というような噂がありますが、基本誰でも登録できます。

私自身、1社目の転職の際にも登録できました。

そもそもビズリーチとは?

ビズリーチとは、

自身の職務経歴書や履歴書を登録をすると、

ヘッドハンター(転職エージェント)や、企業からスカウトをもらえる転職サービスサイト。

転職といえば、

転職エージェントに転職支援をしてもらうか、自己で直接企業に応募するか、が王道ですが、

ビズリーチのような転職サービスサイトを使うことで、自身のレジュメを見た企業から直接、面接確約のスカウトをもらえたりするので、転職活動が効率よく進められるというメリットがあります。

 

スカウトの種類として、2種類。

  • プラチナスカウト

 これは企業が1通送るのに、なんと5,000円かかるというプレミアなスカウト!!(エージェントをやっている友人から教えてもらいました。衝撃です。笑)

 このスカウトを転職エージェントや企業からもらえるということは、レジュメを見た限り魅力的に思ってくれていて、かなり本気度が高いという証拠です。

ビズリーチのプラチナスカウト

  • 通常スカウト

これは企業も転職エージェントも特にお金がかからず送れるスカウト。

ビズリーチ第2新卒の転職にも有効

結論、第2新卒の転職にもビズリーチは有効です。

ただし、転職エージェントや企業からスカウトをもらうには、それ相応のスキルや成果がないと難しいのが現実です。

また、ビズリーチは基本、未経験のポテンシャル採用を目的とした転職エージェントや企業が少ないので、あなたが20代第二新卒で「未経験の業界・職種へチャレンジしたい」ということであれば、あまりマッチしないかも。。

 

そういう方は下の記事の【第2新卒でハイキャリア転職をねらうならこの2つ】という目次の個所を読んでみてください!

1回目の転職時にビズリーチを使ったとき

正直、登録こそしたものの、まったく有効ではありませんでした。(笑)

1社目は1年未満で離職したこともあり、自慢できるようなスキルや成果は出せていなかったこともあり、スカウト自体も殆ど来なかったことを覚えています。(ショック!!)

2回目の転職時にビズリーチを使ったとき

めちゃくちゃプラチナスカウトが来た!!

ある程度営業としての経験を積んで、成果も残せていたこともあり、転職エージェントや企業からスカウトがかなり来ました。

ビズリーチ経由で面接やカジュアル面談をして、個人的には有効に使えたと思います。

結局、3社目の会社は知り合いの転職エージェント経由で決めましたが。( ´艸`)

ビズリーチを使う転職に向く人ってこんな人

自身の1回目の転職時と2回目の転職時を振り返ってみてわかったことは、ビズリーチを使う転職には向き不向きがあるということ。

 

実際に、ビズリーチを使う転職に向く人としては、以下の人たちがあると思います。

  • 高給な仕事に就いている人

 外資金融、総合コンサルの会社にいるなど。

  • 仕事で成果を残している人

 社内でMVPを取っているなど。

  • マネジメント経験がある人

というような、スキル・成果を出せていることが前提。

私の周りの友人でも、ビズリーチでスカウトが多く来る人の共通点は、スキルや成果を出せている人。

あと、多少年齢もきにした方が良いかも。

正直25歳以上で3年近い社会人経験がないと、よほどハイスペックな人材でない限り上手く活用は難しいかもしれません。

第二新卒でハイキャリア転職狙うならこの2つ

キャリトレ

キャリトレは、ビズリーチが運営する20代転職に特化した転職サービスサイトです。

キャリトレの大元がビスリーチということもあり、ビズリーチと取引している企業で、20代の採用も検討している会社は、ビズリーチと一緒にキャリトレも契約していることが多いので、ビズリーチの20代版といったところですかね。 

なので、企業や転職エージェントからスカウトが来ますよ!

 

ビズリーチとの違いは、そこまでのスキルや成果は求められないこと。

日本を代表する大手企業~ベンチャーまで多くの企業が契約しているキャリトレですが、ポテンシャル採用も視野に入れた企業も多いので、「未経験職種・業界に挑戦したい!」という方にはとっても向いています。

また、優良ベンチャーや、スタートアップも多いので、「自分の力を試してみたい!」「ベンチャーで働いてみたい!」という方にも非常にオススメ。

キャリトレの登録はコチラ

 

doda転職エージェント

2つ目は、転職サービスサイトではありませんが、dodaの転職エージェント。

dodaの転職エージェントは、20代の転職に強い転職エージェントです。

常に非公開求人を10万件以上持ち、比較的大手の転職エージェントの中では、優良ベンチャーや、外資系含む大手企業の求人が多く、ハイキャリア転職を狙えるのも特徴。

 

私の友人は、第2新卒の転職の際にdodaの転職エージェント経由で、今やSaaS業界の先駆者的な外資系企業のSalesforceに転職していました。(今もSalesforceと取引があるかは不明ですが、そういった優良企業が多い印象です◎)

doda転職エージェントの登録はコチラ

 

まとめ

第2新卒の転職で企業からスカウトが来るような転職サービスサイトは、転職を効率的に進めるのにも、成功に近づけるためにも非常に有効です。

是非、転職エージェントと転職サービスサイトを上手く使って転職を成功させていきましょう!